HOME>特集>かみあわない関係を修復するには、工夫が必要です

すれ違いは改善できます

説明を受けるシニア夫婦

結婚して夫婦になっても、生活のパターンがお互いに理解しあえる場合ばかりではありませんし、子育てや介護によって大きく変化することもあります。パートナーを信頼できなくなったり、さまざまな不満が生まれたりした場合には、すれ違いを改善するためにカウンセリングを受けるとよいでしょう。相手に対しての誤解や、いろいろな環境の変化によるストレスを取り去り、信頼関係を取り戻すきっかけになります。

理性で判断すること

感情的なやり取りばかりでは、夫婦の関係を良くすることは叶わない場合がほとんどですので、根本的な問題点を知る必要があります。カウンセリングによって第三者が関わることで、理性で判断することもできるようになります。

広告募集中